2013.02.17 Sunday 23:40

sachiママさんのbaobatote plus

 一人目の妊娠八ヶ月の時に3.11の震災に遭い、帰宅困難者になった経験から、出産後もママバックには
必要なものを一通り入れて持ち歩いていました。
そのため、いつもバックはパンパンで重たいものでした・・・。
今度二人目を出産するので、軽くて大きいママバックで、抱っこ紐も一緒に収納できるバックを探していました。
特に、大好きな帆布バックを中心に検索。
そんな時、baobab toteに出会いました。
 
いつも、ママバックと抱っこ紐を入れたバック、二つを持ち歩いていたのですが、上の子が歩くようになり、
走り回るのを追いかけているうち、抱っこ紐のバックをおき忘れ、紛失してしまったことがありました。
常々、「抱っこ紐も一緒に入って、荷物をコンパクトにまとめられたら・・・」と思っていたので、baobabu tote plusを
初めて見たとき、「これだ!!」と思いました。
 
さらに調べていくと、バックの持ち手に大好きなリバティプリント柄があると知り、一気に欲しくなって購入を決定。
サンプルとカタログを取り寄せました。
はじめ、汚れを気にしなくて済む暗めの配色を考えていたのですが、旦那さんと相談して、さわやかなマリン風の配色に決めました。
ベースにキナリを選び、持ち手のリバティが映えるようにしました。
  

baobab tote plus

メイン:きなり

底:ライトブルー

底ファスナー:イエロー

 

子供がかばんの中身をいたずらしないように、入り口にはファスナーをつけました。

さらに、娘二人の荷物を入れるので、可愛らしい配色でポケットも追加しました。

荷物が多いので、ポケットは必需品です。

 

入れ口部分ファスナー:イエロー

内ポケット(大きめ):ベビーピンク

      (小さめ):ヒマワリ

キーチェーン用ループ:スカーレット


  

着替え、オムツ、飲み物、食事用品、おもちゃ、母子手帳をそれぞれ二人分がしっかり入ります。

いつもお出かけにiPadを持ち歩いているので、これもしっかりと収まり、ばっちりです。

バスタオルや、靴入れられるので、夏になったら水遊びに出かけるときも重宝しそうです。

 

子供たちが大きくなってバックがクタクタになったら、二代目も欲しいくらいです。

次に、もし、かなえてもらえるなら、外ポケットを追加オーダーできたらいいなぁと思いました。

 

今回、刺繍は入れませんでした。自分が裁縫が好きなので、アップリケや刺繍を自分で入れたいと思ったからです。

シンプルなので、これからのアレンジを楽しみたいと思います。
  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.